肝臓がんに対して、リスクのある臓器は温存しつつ、確実に切除することが可能

肝臓がんは、世界で5番目に多いがんであり、毎年841,080人が新たに罹患しています。1 また、がんによる死亡原因の第4位であり、年間781,631人の患者さんがこの病気で亡くなっています。1
今日、MRIdianは肝臓がん治療のパラダイムを変えようとしています。
  • MRIdianは、肝腫瘍などの治療が困難な腫瘍に切除用線量を照射することができます。2,3
  • 切除線量である75-100Gyの生物学的有効線量(BED10)が良好な治療成績につながることを示す証拠がある。2,3,4
  • オンテーブル適応により、臨床医は通常の臓器線量の制約を維持したまま、線量を75-100Gy BED10に再最適化し、エスカレートさせることができます。2,3
  • リアルタイムの腫瘍追跡とゲーティングにより、リスクのある臓器への線量を低減します。2,3

重要な安全情報 についてはこちらをご覧ください。

MRIdianの肝臓への働きはこちら

MRIdian SMART for Liver1

肝癌のMRIdian

"MRIdianのみ"

肝臓腫瘍を安全に切除することは、新しいレベルの精度と正確さが要求される困難な作業です。アキバデム大学マスラック病院では、MRIdianを使用して、腫瘍を破壊し、健康な組織を残す切除線量でよりスマートな治療を行っている様子をご覧ください。治療結果の改善、副作用の軽減、患者のQOLの向上が期待されるこの治療法は、がん治療の未来像と言えるでしょうか?

Speaker:
Enis Ozyar, MD
Acibadem University Maslak Hospital

科学的なプレゼンテーションを見る
MRIdian for Liver Cancer

クリニカルリソース

エンロー・メディカル・センターがん治療の未来はここにある

フィジシャン・スポットライトMRIdianにおける低磁場強度の磁石の利点 (.pdf)

肝臓の臨床文献(.pdf)

肝臓がんを対象とした進行中の臨床試験については 臨床試験のページをご覧ください。

重要な安全情報

効能・効果(IFU):MRIdian Linacシステムは、磁気共鳴画像診断機能を備え、放射線治療が必要な全身の病変、腫瘍、状態に対して定位放射線手術と精密放射線治療を提供することを目的としています。MRIdian Linacシステムは、磁気共鳴画像診断の適応でない患者を含め、すべての患者に適しているわけではありません。

重要保安情報(ISI):放射線治療は、治療する部位によって異なる副作用を引き起こす可能性があります。最も頻繁に起こる副作用は通常一時的なもので、呼吸器系、消化器系、泌尿器系、生殖器系への刺激、疲労、吐き気、皮膚の刺激、脱毛などがあります(ただし、これらに限定されるものではありません)。患者さんによっては、副作用が重篤化することもあります。治療セッションは、複雑さと期間が異なる場合があります。

放射線治療はすべてのがんに適しているわけではありません。副作用の可能性やその程度、放射線や磁気共鳴画像の利点などについて医師とよく話し合い、放射線治療が自分に適しているかどうかを確認する必要があります。

免責事項:ここに掲載されている意見や臨床経験は、掲載された医師および掲載された患者に特有のものであり、情報提供のみを目的としたものです。この資料のいかなる部分も、特定の医療アドバイスを提供したり、法律や規制の文書に取って代わることを意図したものではありません。このウェブページに掲載されているビデオや情報に示された治療結果は、典型的な、または将来の結果を示すものではありません。

個々のニーズに特化した治療コース全体のリスクとベネフィットを含め、治療オプションについて医師と話し合ってください。MRIdian Linacシステムは、特別な訓練を受けた医師がいる、適切な設備の整った施設でのみ利用できます。

引用文献

  1. Ferlay, J.、他(2018)。グローバル・キャンサー・オブザーバトリー。Cancer Today.フランス、リヨン。国際がん研究機関.2019年8月30日、https://gco.iarc.fr/today から取得。
  2. Rosenberg S. A.ら(2018)。MRガイド下肝定位体放射線治療の多施設での経験。Advances in Radiation Oncology, 4(1), 142-149.
  3. Witt JS, Rosenberg SA, Bassetti MF.肝腫瘍に対するMRIガイド下適応放射線治療:将来を展望する。Lancet Oncol.2020 Feb;21(2):e74-e82. doi: 10.1016/S1470-2045(20)30034-6.pmid: 32007208.
  4. Toesca DA, Osmundson EC, Eyben RV, et al. SBRT 後の中枢性肝障害:拡大解析と予測ノモグラム。Radiother Oncol.2017;122(1):130-136.