MRIdian A3i Logo 2

自動化されたワークフロー・ステップと輪郭ツールにより、リアルタイムでテーブル上の適応的なワークフローを合理化します。
脳治療や多面的なリアルタイム3D組織追跡、自動ビームコントロールで臨床的有用性を拡大。

MRIdian A3i クリニカルニュース

ヘンリー・フォード・ヘルスが世界で初めてMRIガイド下放射線治療の最新技術を導入 

並列ワークフロー、マルチパナートラッキング - ViewRayはMRgRTを次のレベルへ進化させます。

マイアミがん研究所がMRIdian A3iを膵臓がんに初めて使用(視聴 )(読書)

MRIdian A3iを使用した臨床医の体験談を動画でご覧いただけます。 

お聞きしたところ...

"我々は数年にわたり顧客と話し合ってきました。MRIdian A3iは、治療時間の短縮、患者さんのスループットの向上、より多くの患者さんにMRIdian SMARTを展開したいというお客様の要望に応えることができると考えています。" 

ジェームズ・F・デンプシー博士 チーフサイエンティフィックオフィサー 創業者・発明者


ワークフローアイコン

自動化されたワークフローステップと輪郭加工ツールにより、臨床医の時間を最小限に抑え、患者のスループットを向上させます。

患者表示アイコン

患者フィードバックシステムにより、放射線量の照射効率を最大限に高めることができます。

ブレインアイコン

脳転移、切除空洞、グリオーマなどの頭蓋内病変の治療に臨床的有用性を拡大する脳内治療パッケージ。

MRIdian A3iは、臨床医が患者の治療中に同時に作業したり、リモートで接続 したりすることを可能にします。

患者さんの治療中に臨床医が同時に作業したり、遠隔地から接続 したりすることができる並列協調ワークフロー 機能について、このビデオで詳しくご紹介します。

臨床医の声...

Drew Moghanaki グレイスケール

Drew Moghanaki, MD, MPH
教授・胸部腫瘍学部長
UCLA 放射線腫瘍学部門

"MRIdian A3iの新しい並列ワークフローにより、どこからでもオンテーブル適応を行うことができ、スケジュールに関係なく、患者が最高の治療を受けられるようになりました。"

マルチプラナー、3D組織トラッキング、自動ビームコントロール

MRIdian A3iは、最大3つの平面におけるマルチパネラートラッキングとビームゲーティングを搭載しています。冠状面、矢状面、軸位面の任意の組み合わせで最大3つまで異なるトラッキングターゲットを選択でき、単一のターゲットが臨床医の定義する治療境界を超えた場合、ビームを自動的に停止させる柔軟性を備えています。

脳トリートメントパッケージ

  • 脳内コイルと固定化
  • サブミリメーター分解能のスキャン
  • TRUFI、T1/T2強調イメージング
脳内治療
ミリ2

患者フィードバックディスプレイを統合

  • リアルタイム、息止め表示
  • 患者さんの腫瘍の位置保持をサポート
  • 患者体験の向上